2019年03月11日

ギター弾き語りにおける小学低学年と高学年、中学生の普通に出来ることの違い

こんにちは!

ふむ、なかなか堅苦しい題名です。

論文みたいですね。(笑)

B8D197B8-DCA2-4F33-9522-B696879ED33B.jpeg

まずはレッスン風景のご紹介から。

中学生のRくん、初めての発表シーンを激写!

32C07977-A7FF-4E07-A47D-EA12A1E91389.jpeg

寡黙なRくんなので今まで彼の歌を聴いたことがなかったのですが、

なかなかしっかりした声が出ていて一安心でした。

学校の試験が忙しい時期を抜けて、練習時間を増やして急上達。

やる気を感じました。


さて今日は、子供たちのお話です。

大人では普通にできても子供には難しい事って沢山あります。

色んな事が徐々に出来るようになっていく子供たちでも、

大体標準的な指標を見たくなることってありませんか?

ウチの子供は5歳と0歳ですが、

よく夫婦でそんな指標を見ながら話をします。


今回は教室を初めてからのこの2年間で私なりに感じた、

ギターの弾き語りにおける指標的なものをまとめてみようと思います。


標準的に早くても遅くても、そんなに気にし過ぎず、

安心できる材料だけご採用頂く形で、気軽に読んで頂けると幸いです。




今まで私がお預かりさせて頂いたお子さんの中で、

小2の2学期から初められているお子さんが1番年少です。

そこから小3までのお子さんと、高学年のお子さんとの違いをまず見ていきます。

オープンコード(CやAm。ブリッジではないコード。)のコードチェンジが早くなる速度が遅い

歌い出しのタイミングを掴み辛い

ギターを弾きながら歌うと音を外しやすい

と、低学年のお子さんの方が全体的にこの様な傾向があるなと感じます。

高学年から始めたお子さんの方が、

比較的何事も無かったかのようにこの辺りをクリアしています。

ですので、上記の傾向が低学年のお子さんに見られた場合は異常ではなく、

長い目で見れば改善されます
ので、

あまり指摘し過ぎず安心して見守って頂ければと思います。


もう1つ、感じる傾向があります。

・低学年では、自宅で勝手に1人黙々と練習していると見られるお子さんが少ない


これは高学年以降のお子さんに発生する確率が

低学年よりも圧倒的に高い
ように思います。

一方低学年のお子さんは、

親御さんやご家族の前で、自主的、あるいは促されて

ご披露されながら練習しているようなケースが多い様に思います。

両方長短あると思いますが、

低学年のお子さんはこれで周りをほっこりさせております。

プラス、高学年になってからハマる傾向が出てきたきた時に

ある程度の素養がある訳ですので、

その時の伸びはスゴイものになるでしょう。


次に、高学年のお子さんについて。

上記の傾向の中でも、

・弾き語りながら歌うと音を外しやすい

と言う傾向は残りやすいです。


そこで我が子の音痴問題を悩む親御さんが非常に多いなと感じる中、

この2年間で思った事があります。

カラオケ等、完全に歌に集中した状態で音を外さないのであれば

ゆっくり改善されていく
なと。


ですので、入ったばかりのお子さんにはレッスン内で

私の伴奏でマイクを持って歌ってもらいます。


そこで問題があった場合は少し要注意で、

音程が取れるようになるような宿題をお願いしたりしています。


長い目で、少しずつ改善されていく皆さんを

都度褒めながら、コツコツ出来上がってくれたらなと思って

見守っております。


そしてこんな傾向も、中学生になるとどんどん改善していきます。

色々な要素があるのだと思います。

小学校から中学校の境目位で、世間で流れる歌に興味を持つ度合いが

著しく高まっている傾向も見えますが、それも一因なのかなと思います。


ですので、当教室では中学生からは大人とほとんど

上達速度が変わらないと見て、一緒にレッスンを受けてもらっております。


今の所和気あいあい、良い意味で刺激し合って

有意義なレッスンになっていると思います。


最後に私がこの記事を書いた1番の目的なのですが、

お子さんがまだ小さいために出来にくいことを

「何故出来ない?」と言って萎縮させてしまったり

親御さんが考えすぎたりされないようにして頂くためです。


その為には、具体的な説明があった方が説得力があるかな?と考えました。


それでは今日はこの辺で。


最後まで読んで下さいましてありがとうございました!!








posted by よこ at 17:21| Comment(0) | ジュニアレッスン