2019年02月27日

教え合うこと





皆さんこんにちは!




E3A1FF2B-6BC3-40E4-844F-FB750BE047EE.jpeg


ギター初心者1ヶ月未満の大人のOさんに

ギター歴約4ヶ月の中2のCちゃんがFのコードのお手本を見せています。




私は普段から、レッスンの中で先輩に当たる方に、

都度お手本をお見せ頂く事をお願いしてきておりました。




そして最近はですね、お手本よりも長い時間をかけて、

生徒さんが生徒さんに教えて頂くという時間を

作るように
なりました。




以前は講師である自分がサボっている様な気がして

行っていなかった
のですが、

どうもそれは考え違いであるように思ってきています。




その原因は2つありましてですね...。




まず一つは、「教える事は最大の入力であり、出力である

という気付きを得たからです。




アメリカ国立訓練研究所の研究結果らしいのですが...





人が何かを学ぶ場合、どれだけ記憶に残りやすいか、

定着しやすいか
を方法別に調べたところ、

効果の低い順に「講義、人の話を聞く」「読む」

「視聴覚教材を使う」「実験機材を使う」「グループ討論」

「体験型学習」そして最も効果が高いのが

他人に教える」という結果になっているとのことでした。





ギター教室の場合、講義は当然ですが、

実験機材を使ったり、体験型学習であるといえば

そうなのかもしれません。




しかし、他人に教えることで教えた方に

大きな定着効果がある
のなら、

これを活用しない手は無いなと思った訳です。





ちなみに、アメリカの研究所の研究結果に関しては、

以前ご紹介したこの本より引用しております。





学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)




の中身画像






そして、理由の2つ目がですね...。




2月に火曜午後の大人レッスンで開催した、初の座学にあります。




コードのお話」と言う題で4週間計4回、レッスンの最初の

約10分間を使用して行いました。





E34C83B2-550B-4DA3-80B3-FC080841908E.jpeg


3483B41A-350A-4EAF-AD56-8CFCF71A6804.jpeg




画像はその時の様子です。




私なりに、初歩的なコード理論の中から、

ギターで役立ちそうな箇所を抜粋してお話させて頂きました。





その準備には一度改めてコード理論の勉強をして、

それからギター用に抜粋して組み立てるという事を

行う訳です。





これには学生の時に音楽理論を習った頃以上に

真剣に取り組んだ
ように思います。





何より、責任の度合いが違います。苦笑





そしていざ開催してみて、皆さんから頂くご質問ですね。





この回答を用意するのに、一番お勉強になるのは私な訳です。





そんな事を実感している最中に

ちょうど先程の本を読んでいたもので、

生徒さん同士の教え合いをちょこちょこ

レッスンの中に入れていこうと考えるに至りました。




日々のレッスンも刻々と変化しております。

その中で、私の頭の中がどう変わっていっているかと

言うことをこのブログで晒すことに

何の意味があるのでしょうか??




それは分からないのですが、こうして発信することの意義を

実感したくてやっていることは事実です。




それでは今日はこの辺で。




最後まで読んで下さいましてありがとうございました!!





posted by よこ at 15:45| Comment(0) | 上達のために

2019年02月13日

初動の硬さ





こんにちは!




5CE99824-5E24-4497-86FC-D85C5D255FC9.jpeg




昨夜のジュニアレッスンは親子で弦交換のレッスンと、




AAA0DA96-2553-4451-B5E6-ACB69D39BDAB.jpeg




その次の枠では、

新規で1組のご家族に体験レッスンにお越し頂きましたので、

生徒の皆さんに1曲ずつ披露してもらいました





さて今回も、まずは告知からさせて頂きます!





募集中だった東郷コミュニティセンターでの

毎週水曜日のレッスンを、

2月20日(水)から開始することが決まりました!!




始まるのは午前と夜の大人レッスンと夜のジュニアレッスンですが、

3枠とも新規の方と他の時間帯からの枠のご移動の方との混合でスタートします。




開始に伴っての皆様のご協力、誠にありがとうございました!




他の枠の皆様も、お休み時の振替に是非ご利用下さいませ!



特にジュニアレッスンは、今年から火曜日しか枠が無くて

振替が効かずにご迷惑をお掛け致しておりました。汗




始まる3枠とも、2〜3名からのスタートです。




そして火、水、土曜全て、まだまだ新規レッスン生を絶賛募集中です!




毎回皆で気軽に楽しくコツコツ、グループレッスンを行っております。




ホームページでレッスン日時や初回無料体験の紹介をしております。




ご覧の上、お気軽にご連絡ください!!

☆☆ギター教室「あんぷらぐど」ホームページ☆☆




告知は以上になります!










さてさて、今回は演奏のパフォーマンスについて、

考えることがありましたのでご紹介させて頂こうと思います。




日々のレッスンでですね、

私が歌い終わった時に毎回感じることがあります。




1曲歌うのですが、歌の2番を過ぎてから、

もしくはもっと後に、ノッてきたというか、

パフォーマンスが上がってきて通常に近くなっていたなと感じます。




硬さなんだろうなと。




切り替えが出来ていないとも言えます。




そこで「もったいなかったな〜」と思って色々対策してきたのですが、

あまり上手くいかず...。




自分なりに、以前よりは硬さが抜け易くはなったとは思います。




しかし、これはある程度はしょうがない事なのでは??

と最近感じています。




「毎回1曲勝負って大変だな」というか、

毎回その中で必死で切り替えようとする事は

身体に良くない
のではないか?

と思います。苦笑




そこで、ふと生徒の皆さんの立場になってみるのですが、

同じ状況なんです。汗




レッスン中の、1週間の成果をお見せ頂く時の事を言っております。




そして、この状況はどうなんだろうか?と思いました。




皆さん毎回コツコツ上達して下さってはいます。




しかし、毎回のレッスンで、

ほぼ全ての皆さんにに初動の硬さが発動してしまっている事実。





このなんというか、

毎回私を含めたほとんどの方が全力を発揮しきれていない空虚さ、

寂しさというのでしょうか。




そんな事を発見して、

私はたまには何曲か連続して歌う機会が欲しいなぁと思いました。




そして、生徒の皆さんそれぞれにもそんな機会をお作り出来たら

それは素晴らしい事なのではないか?と。




これは私が勝手に、

あくまでも勝手にそう思っただけですので、

「そんなの余計なお世話だ!」と

思われる方も必ずいらっしゃると思います。




そんな方にスルーし易い環境を作っていく努力も忘れません。




ただ私自身、演奏する以上は高いパフォーマンスを発揮したいので、

通常のレッスンの中でなのかイベントになるのかは分かりませんが、

1人が1回で数曲演奏(発表)するという事を

どこかで盛り込んでいけないかな


と感じた訳です。




このブログをお読み頂いた生徒の皆様には

色々とご提案頂きたく思います。




私も色々と、

この発見を限られた時間の中で

上手く形にする方法はないか
考えてみます。




と理屈っぽく(苦笑)、今回は考えました。




それではこの辺で失礼します。




最後まで読んで頂きましてありがとうございました!!








posted by よこ at 15:45| Comment(0) | イベントへの参加

2019年02月07日

緊張と上手く向き合うには





こんにちは!!




IMG_0506.JPG




画像は最近の大人レッスンの様子です。

当教室では中学生から大人レッスンですので、

色んな世代の楽曲が飛び交っております!!




まずは告知から失礼します。

この度、東郷コミュニティセンターでの

毎週水曜日のレッスンの募集を始めました




午前、夜大人レッスンジュニアレッスンです。

詳しくは是非ホームページをご覧くださいませ!!


☆☆ギター教室「あんぷらぐど」ホームページ☆☆

告知は以上です!




今冬は暖冬という事で

毎日比較的暖かくて、

用意していた冬の曲がどうもしっくりこない

そんなデメリットを感じている今日この頃です。




さて、今回は「緊張」について書いていこうと思います。




今年から当ギター教室、

「あんぷらぐど」は個別レッスンを一度終了して、

グループレッスンのみとなっております。




そのグループレッスンは、毎週私から皆さんに宿題をお出しして

次のレッスンではその成果をお見せ頂いて、また次の宿題をお出しして...。




という形で進んでいくのですが、成果をお見せ頂く時には私以外にも、

他の生徒さん達もご覧になっている訳で、

皆さん毎回緊張なさる方がほとんどです。




加えて、他の時間帯からの振替や体験レッスンで

普段いらっしゃらない方がおられると、更に緊張度がUPします。汗




それでよく皆さんがおっしゃるのは、

「家ではもっと上手く出来るんです」と言った類の事です。





その度に私は、「毎週一回の緊張は体に良いですよ〜。」と、

根拠のない事を言っておりました。汗汗




この度、最近話題の本を読んでいて緊張に関する事が書いてありましたので、

私の頭の整理がてらで紹介させて頂こうと思います。





この本です。





その昔、とある生理学者がマウスに、

間違ったことをするとマウスに電気ショックを流す

という実験を行いました。




その電気ショックを色んな強さで流してみたところ、

間違ったことを早く区別出来るようになりやすい

強さがあった
ようなのです。




この実験から分かるのはですね、

適度の緊張はパフォーマンスを向上させると言うことなのです。




では、緊張しすぎても、しなさすぎても良くなくて、

適度な緊張状態になるにはどうすれば良いのでしょうか??




トップアスリートは緊張を楽しんでいる方が多いそうですが...。




気になった方はレッスンの時に私にご質問くださるか、

本を読んでみて下さい。

その方法が提案されています。




なんか本の宣伝みたいになってしまいました(苦笑)が、

答えまで書いてしまうと本の著者の方に失礼かな〜と思いまして...。




他にもですね、私はこの本をを読んで、

情報を発信することの大切さを学びました。




また、「学びを結果にする」というサブタイトルにもあるように、

学生さん、特に受験生の方にもおススメです。




私はもうペーパーテストを受ける事が恐らく無いので、

試験対策みたいなところは流し読みでしたが。苦笑




さて、教室では、「カッティング」や

簡単なコードの話(ひとまず火曜午後のみ)」を

レッスン始めの10分で2月のテーマという事で行っております。




最近の私の一番嬉しかった事はですね、

中学生のD少年が、

自分のやりたい曲を初めて言ってくれたことです。




結構弾き甲斐のある曲なので、

しっかり一緒に向き合って、

コツコツ完成させていければな〜と楽しみに思っています。




IMG_0505.JPG



画像は小2のEちゃん

Fのコードの押さえ方を教えている小3のSくんです。




なんとも微笑ましいです。




それでは今回はこの辺で失礼します。












最後まで読んで頂きましてありがとうございました〜!!















posted by よこ at 16:05| Comment(0) | 上達のために